日テレNEWS
国際
2022年6月15日 22:04

観光名所「水上レストラン」が閉店に 新型コロナの影響で 香港

観光名所「水上レストラン」が閉店に 新型コロナの影響で 香港

1976年以来、3000万人以上の客を受け入れてきた香港の水上レストラン。新型コロナの影響で半世紀の歴史に幕を下ろしました。

   ◇

香港の港に浮かぶ、中国の宮殿をイメージした巨大な水上レストランは“ジャンボ”の名で世界的に知られ、日本人も多く訪れた観光スポットでしたが、ここにも新型コロナの影響が及んでいます。

14日、レストラン“ジャンボ”の周囲に、何台ものタグボートが横付けされました。そして、“ジャンボ”はえい航され、香港の港から去っていきます。半世紀の歴史に幕を下ろしたのです。

AP通信によりますと、この水上レストランは1976年以来、3000万人以上の客を受け入れてきました。イギリスのエリザベス女王をはじめ、俳優のトム・クルーズさんなど、世界のセレブや著名人も多く訪れたといいます。

しかし2020年、新型コロナの感染拡大で営業中止となり、すべてのスタッフが解雇されました。レストランの運営会社によりますと、その後もメンテナンスに多額の費用がかかっていたということです。

近くの港のボート操縦士
「水上レストラン“ジャンボ”の栄光の時代は1990年代でした。日本人観光客が大挙して訪れ、道路は駐車する車で埋め尽くされましたよ」

運営会社は新しいオーナーを見つけられず、維持するための資金が不足していたということです。

水上レストランの移転先は明らかにされていません。