日テレNEWS
国際
2022年2月28日 15:40

北“偵察衛星”実験「国際社会の関心を喚起するため」韓国政府

北“偵察衛星”実験「国際社会の関心を喚起するため」韓国政府

北朝鮮は偵察衛星の開発のための実験を27日に行なったと明らかにしました。韓国政府は、ウクライナ危機の中、「国際社会の関心を喚起するため」とみています。

28日付の「労働新聞」は、北朝鮮の国家宇宙開発局などが27日、偵察衛星開発のための「重要な意義を持つ実験」を行ったと伝えました。宇宙空間から朝鮮半島などを写した写真が掲載されていますが、発射の様子は公開されていません。実験では高解像度の撮影や姿勢制御の正確性を確認したとしています。

韓国軍の発表では、北朝鮮は27日朝、平壌の順安一帯から日本海に向けて高度およそ620キロに達する弾道ミサイル1発を発射していて、これを指すとみられます。

今回の発射について韓国の徐旭国防相は27日の会議で、「ウクライナの状況の中、国際社会の関心を喚起するため」との見方を示しました。