×

  • 日テレNEWS NNN
  • ライフ
  • 「家族は大丈夫」と言える支援を…侵攻から1か月 ポーランドで避難者向けの託児所を開く日本人の男性の思い #StopWar

「家族は大丈夫」と言える支援を…侵攻から1か月 ポーランドで避難者向けの託児所を開く日本人の男性の思い #StopWar

2022年3月30日 14:54
「家族は大丈夫」と言える支援を…侵攻から1か月 ポーランドで避難者向けの託児所を開く日本人の男性の思い #StopWar

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻。住宅街にも砲撃が行われるなど、市民の犠牲は増え続けています。いま戦争を止めるためにはどうしたらいいのか、ポーランドで避難者向けの託児所を開く日本人の男性が思いを語りました。

    ◇

東 優悟さん(25)
「ウクライナ人は避難する時に家族と話す時間があったわけではなくて、軍がそこまできているから5分以内に荷物詰めて逃げてって、そんな感じでみんな逃げてきています。なので、戦争が始まって1か月間、家族の心配をしている姿をよく目にしているんです」
「お母さん・子供を救って、なおかつ戦場でただでさえ不安な生活を送っているお父さんたちに『家族は大丈夫だよ』と言えるような支援をしたいなと思っています」

(3月29日『news zero』より)