日テレNEWS
政治
2012年7月13日 19:36

ソマリア海賊対処活動、1年延長を閣議決定

ソマリア海賊対処活動、1年延長を閣議決定
(c)NNN

 政府は13日の閣議で、海上自衛隊が行っているアフリカ・ソマリア沖での海賊対処活動を1年間延長することを決めた。

 海上自衛隊は海賊対処法に基づき、ソマリア沖で民間船舶の護衛やP3C哨戒機による上空からの警戒・監視活動などを継続する他、アフリカ・ジブチに設置した活動拠点の要員を増やして、同じく海賊対処を行う他国との情報交換などを強化する方針。

 森本防衛相は「自衛隊が行ってきた海賊対処活動によって、民間船舶の護衛という活動を行っており、諸外国からも高い評価を受けている」と話した。

 海賊対処法をめぐっては、自民・公明両党の連立政権時代に法律が成立した際、民主党は反対したものの、政権交代で方針を転換した。

 活動が延長されるのは今回で3度目。