日テレNEWS
政治
2013年4月18日 12:55

区割り見直し法案 野党欠席のまま審議入り

区割り見直し法案 野党欠席のまま審議入り
(c)NNN

 国会では、衆議院の小選挙区の区割りを見直す改正案をめぐり、与野党の対立が続いている。与党側は18日、野党が欠席のまま改正案の審議に入った。

 衆議院倫理選挙特別委員会で、与党側は一票の格差是正に向け、衆議院の小選挙区の数を0増5減するため区割りを見直す改正案の審議に入った。野党側は「選挙制度の抜本改革が必要だ」などとして反発し、審議を欠席しているが、与党側は「一日でも早く違憲状態を解消すべきだ」として、19日、特別委員会で改正案を採決したい考え。

 一方の野党側は18日午後に幹事長会談を開き、連携を確認したい考え。民主党・高木国対委員長は「巨大与党だけで自分たちの法案のみを審議するのは、かつてない暴挙です」と述べている。

 こうした中、民主党や日本維新の会などは、選挙制度改革をめぐる与野党の実務者協議が設定されたことを受け、特別委員会など一部の委員会を除いて審議に応じることになった。