×

期限付き所得税などの定額減税 野党側が厳しく追及

2023年10月30日 17:14

岸田政権が打ち出した期限付きの所得税などの定額減税について、野党側は国会で厳しく追及しています。中継です。

立憲民主党は防衛増税や少子化対策での負担増を求める中で、一時的な所得税などの減税を打ち出すのは、増税を隠すための「偽装減税」と批判しました。

立憲民主党・早稲田夕季「私はもう偽装減税、増税隠し減税、選挙対策減税であると私は思います。総理の信頼が得られないのは、ずっとこれから続く恒久的な永遠に続いていく国民の負担増、増税、これを隠していらっしゃるからです」

岸田首相「国民生活に大きな影響を与えている物価高にもしっかりと対応しなければならない。国民への還元もあわせて用意する、こういった経済対策を進めています」

立憲民主党の早稲田議員は「1回きりの減税とずっと続く国民負担では、負担が重くなるのは明らかだ」と批判しました。こうした批判に対して岸田首相は防衛増税のスタート時期などは「経済との関係で最大限配慮しながら進める」と強調し「両者は矛盾するものでない」と反論しました。

一方、日本維新の会の藤田幹事長は、安定的な皇位継承の在り方について、「政府としてのアクションが必要ではないか」と指摘しました。

岸田首相「議論に貢献をすることを形として示すためにも、党内に総裁直属のこうした会議体を設けたということであります」

岸田首相は自民党内に新たな組織を設ける考えを示した上で「各党とも喫緊の課題であるという強い認識を持って議論に参加していただきたい」と呼びかけました。