日テレNEWS
政治
2014年5月8日 21:17

国民投票法改正案が審査会で可決

国民投票法改正案が審査会で可決
(c)NNN

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法について、法の施行から4年後に投票年齢を18歳以上に引き下げる改正案が8日の衆議院憲法審査会で可決された。

 国民投票法の改正案は、自民、公明、民主など与野党7党が共同提出したもので、法の施行から4年後に投票年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げることなどが柱。審査会での採決で共産党は、「国民が求めていない憲法改正のための法律は廃止すべきだ」などと反対したが、共同提出した7党の賛成多数で可決された。

 改正案は9日の衆議院本会議でも可決され、参議院に送られる運びとなっている。今の国会で成立するのは確実で、憲法改正の手続きが整うこととなる。