日テレNEWS
政治
2014年6月4日 23:27

民主党有志、限定的行使容認へ法案提出方針

民主党有志、限定的行使容認へ法案提出方針
(c)NNN

 民主党の前原元外相らが会合を開き、集団的自衛権の限定的な行使容認に向け、今の国会に法案提出を目指す方針を確認した。

 前原元外相「(集団的自衛権の行使を)事例によっては本当に必要なものについては、是々非々の議論をする中で、我々としては認めていくべきではないか」

 会合には、前原氏のほか長島元防衛副大臣ら民主党の議員13人が出席した。会合では、「我が国もしくは密接な関係にある国への武力攻撃で、必要最小限で、他の選択肢がない」などの場合に集団的自衛権の行使を認めることなどを柱とした「安全保障基本法案」の骨子が示された。

 その上で今後、他の野党にも呼びかけた上で今の国会に法案を提出することを目指す方針を確認した。

 行使容認をめぐっては民主党の方針がいまだ決まっておらず、今回の会合には海江田代表ら執行部に圧力をかける狙いもあるとみられる。