日テレNEWS
政治
2015年8月12日 1:55

70年談話 公明代表が安倍首相に“注文”

70年談話 公明代表が安倍首相に“注文”
(c)NNN

 今週14日に閣議決定される戦後70年の首相談話について、公明党の山口代表は安倍首相に対し、歴代内閣の歴史認識をはっきりと継承するよう、求めたことを明らかにした。

 安倍首相は、過去の村山談話などで用いられた「侵略」との表現では「どの地域」への「どの行為」が侵略だったのか、はっきりしないとして、そのままの文脈では踏襲しない方向。その上で、欧米諸国も侵略を行っていた状況を踏まえ、日本の行為だけを直接的には「侵略」と特定しない表現で調整している。

 こうした中、山口代表は安倍首相に対し、村山談話などの継承がはっきりわかるような表現とするよう求めたことを明らかにした。

 山口代表「総理が歴代内閣の談話を継承すると述べてきた経過がありますので、談話の内容が国民や国際社会にも意味が伝わるものにしていただきたいと、こちらから申し上げました」

 政府内には、1930年代以降の日本の行為は、「国際的には侵略だ」と明記すべきとの声もある。

 また、村山談話などに明記されていた「お詫び」については、「お詫びの気持ちが読み取れる形にする」ことで調整が進んでいる。