日テレNEWS
政治
2016年2月7日 11:00

北ミサイル 日本国内での被害や落下物なし

北ミサイル 日本国内での被害や落下物なし
(c)NNN

 北朝鮮は日本時間7日午前9時半過ぎ、予告していた長距離弾道ミサイルを南の方角に発射した。ミサイルは約10分後に沖縄県の上空を通過したが、日本国内での被害や落下物はなかったという。

 日本政府が発表した情報によると、ミサイルは午前9時31分頃、北朝鮮の西岸から南側=日本の沖縄県の方向に1発、発射された。政府はその3分後、緊急情報システムを通じて自治体に対し、発射情報を出した。

 ミサイルはその後、7日午前9時41分頃に沖縄県の上空を通過した。政府によればミサイルは5つに分離し、1つ目は午前9時37分頃、朝鮮半島の西約150キロの黄海に、2つ目と3つ目は午前9時39分頃、朝鮮半島南西約250キロの東シナ海に落ちた。

 これら3つは、北朝鮮が事前に通告していた「予告落下区域」の中に落ちたが、日本の南約2000キロの太平洋に落ちた4つ目は「予告落下区域」の外だったという。

 また、もう1つは「南方向に飛び続けた」としている。

 沖縄県石垣島などに配備していた地上迎撃型ミサイルPAC3での破壊措置は実施されず、沖縄県を含めた日本国内での被害や落下物は今のところ確認されていない。