日テレNEWS
政治
2016年5月24日 14:26

衆参W選「首相は考えていない」~山口代表

衆参W選「首相は考えていない」~山口代表
(c)NNN

 安倍首相は24日昼、公明党の山口代表と会談した。7月の参議院選挙に合わせた衆参ダブル選挙に踏み切るかどうかが焦点となっている。

 山口代表によると、衆参ダブル選挙について安倍首相は「考えていない」という従来の表現を繰り返したという。

 山口代表「(衆議院解散総選挙については)従来、総理がおっしゃっている以上のことはございませんでした。解散は「か」の字も考えていない、ということであります」

 しかし、安倍首相は先週、会談した複数の政府・与党幹部に対してダブル選挙に前向きな姿勢もにじませている。また、野党側が来週、内閣不信任案を提出する構えを見せている中、24日の会談では与党が連携して対応することを確認したが、不信任案を受けて衆議院解散に踏み切ることはないのか、どこまで突っ込んだ意見交換が行われたのかが焦点。

 また、来年4月に予定されている消費税率の引き上げについて安倍首相は「重大な状況が起きない限り、予定通り実行する」と話したという。

 今国会の会期末を来月1日に控え、与党内の調整が慌ただしさを増している。