日テレNEWS
政治
2016年9月15日 2:28

民進党きょう代表選挙 蓮舫氏、優位な情勢

民進党きょう代表選挙 蓮舫氏、優位な情勢
(c)NNN

 民進党は15日、岡田代表の後任となる新たな代表を選出する。蓮舫代表代行が国会議員票の半数に迫る支持を固めるなど、優位な情勢となっている。

 代表選挙に立候補しているのは、蓮舫代表代行、前原元外相、玉木雄一郎議員の3人。高い発信力を誇る蓮舫氏は、与党との「対案路線」を訴え、国会議員票の過半数に迫る支持を固めた。

 陣営のある幹部は、全体の半分以上を占める党員・サポーター、地方議員票でも7割程度を獲得すると分析している。

 旧民主党政権が失敗した反省や政治家としての経験をアピールした前原氏と、世代交代を訴えた玉木氏は支持が広がらず、苦しい戦いとなっている。

 蓮舫氏をめぐっては、台湾籍が残っていた問題をめぐり一部の議員から批判が高まっているが、代表選挙で優位の情勢は変わっていない。

 代表選挙のための党大会は15日午後1時から始まり、午後3時頃には新たな代表が誕生する見通し。