日テレNEWS
政治
2016年9月26日 15:42

安倍首相が所信表明 「結果出す」くり返す

安倍首相が所信表明 「結果出す」くり返す
(c)NNN

 26日、第192臨時国会が召集され、安倍首相は所信表明演説でアベノミクスを加速する考えを強調するとともに、憲法改正論議の活発化を訴えた。

 所信表明演説で安倍首相は「結果を出す」という言葉を3度くり返し、民進党など野党に対しても建設的な議論を行うことを求めた。

 安倍首相「この国会に求められていることは、目の前の課題から逃げることではありません。挑戦です。いかに困難な課題にもチャレンジし、建設的な議論を行って、『結果』を出すことであります」

 民進党の蓮舫代表は「対案」を示す方針を掲げている。臨時国会では与野党それぞれの案をぶつけ合う議論が実現するのか注目される。

 安倍首相は、アベノミクスを加速するために「あらゆる政策を総動員」するとして、事業規模28兆円を超える経済対策の実施やTPP(=環太平洋経済連携協定)の早期発効によって農業の成長を図る方針を強調した。一方、外交政策では、北方領土問題の解決に向け「首脳同士のリーダーシップで交渉を前進させる」と述べ、12月に来日するプーチン大統領との首脳会談に向けた意気込みを見せた。

 演説の最後には、焦点の憲法改正について言及した。

 安倍首相「憲法はどうあるべきか。日本がこれからどういう国を目指すのか。それを決めるのは政府ではありません。国民です。そしてその案を国民に提示するのは、私たち国会議員の責任であります。与野党の立場を超え、憲法審査会での議論を深めていこうではありませんか」

 こうした呼びかけに、野党側がどう応じるのかも焦点となる。