×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 国民民主党“連立入り”当面実現せず 首相帰国後に人事を本格化 松野官房長官を続投か要職で調整

国民民主党“連立入り”当面実現せず 首相帰国後に人事を本格化 松野官房長官を続投か要職で調整

2023年9月8日 12:15

自民党と公明党の連立政権に国民民主党が加わる構想について、当面は実現しない見通しであることがわかりました。

自民党内では内閣改造にあわせて国民民主党との連立を模索する動きがあります。しかし、国民民主党を支援する労働組合が強く反対していて、ある国民民主党幹部は「連立は難しい」との認識を示しています。

こうした中、自民党幹部は日本テレビの取材に対し「今はない」と現時点での国民民主党との連立を否定しました。自民党内には国民民主党との協議次第で、内閣改造が今月後半にずれ込むとの見方も出ていましたが、当面、実現しない見通しになったことで、内閣改造は、来週13日にも行われる方向になりました。

内閣改造をめぐって、岸田首相は、松野官房長官を続投させるか、自民党の要職に起用する方向で調整していることがわかりました。岸田首相は11日に帰国し、人事の調整を本格化させる考えです。