日テレNEWS
政治
2020年11月16日 12:16

菅首相とIOCバッハ会長が会談 連携確認

菅首相とIOCバッハ会長が会談 連携確認
(c)NNN

菅総理大臣はIOC(=国際オリンピック委員会)のバッハ会長と総理官邸で会談を行っています。来年夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、連携を確認しました。

会談の冒頭、菅総理が「来年の夏、安全安心な大会として開催できるよう緊密に連携して取り組みたい」と述べたのに対し、バッハ会長は「強い決意を示してくれてありがとう。我々もその決意を共有する」と応じました。

政府関係者は「日本側もIOC側も大会の再延期や中止、無観客での開催は選択肢の中にない」と話していて、会談では、観客を入れた形での開催に向け協力を確認しました。

政権幹部は会談を前に「このまま準備を進めることができるようバッハ会長には大会開催で一致したと発表することを求めていく」と意気込みを語っています。