×

岸田首相「何とか頑張らせたかったがやむをえない」 葉梨法相更迭の意向…後任人選急ぐ

2022年11月11日 16:05
岸田首相「何とか頑張らせたかったがやむをえない」 葉梨法相更迭の意向…後任人選急ぐ

岸田総理大臣は、「法務大臣は死刑のはんこを押した時だけニュースになる地味な役職だ」などと発言し批判が強まっていた葉梨法務大臣を更迭する意向を固めました。

岸田総理は葉梨大臣を続投させる考えでしたが、批判の高まりを受け更迭に追い込まれました。

山際氏に続く閣僚の辞任は政権にとって大きな打撃となります。

岸田総理は周辺に対し葉梨大臣の更迭について「何とか頑張らせたかったが、やむをえない」などと語ったということです。

自民党幹部によりますと岸田総理は葉梨大臣の後任を11日中に決定する方針で法務大臣経験者を中心に人選を急いでいます。

この対応のため岸田総理は、11日から東南アジアを歴訪する予定でしたが、急遽、出発を12日に延期しました。

岸田総理は11日の参議院本会議で野党からの更迭要求を一貫して、否定していたことから野党側は猛反発しています。

立憲民主党・安住国対委員長「本会議で感染症法(の質疑)が終わった瞬間に、はい更迭させますではね。私は本当にウソつきなんじゃないかっていうふうにみんな思うんじゃないかと思いますよ」

野党側は岸田総理が帰国後、任命責任を厳しく追及する方針です。

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 岸田首相「何とか頑張らせたかったがやむをえない」 葉梨法相更迭の意向…後任人選急ぐ