×

「議長でも月100万円しかもらえない」発言 野党は “自民党の党利党略” と反発 元議長も苦言

2022年5月13日 1:50
「議長でも月100万円しかもらえない」発言 野党は “自民党の党利党略” と反発 元議長も苦言

10日開催の自民党のパーティーで、細田衆議院議長が「議長でも月100万円しかもらえない」と発言し、波紋が広がっています。野党は「自民党の党利党略で、国会で決めたことを無視するのはおかしい」と反発。“選挙制度”が今回の発言につながったのでしょうか。

   ◇

12日に開かれた衆議院の本会議。

衆議院 細田博之議長
「これより会議を開きます」

本会議の進行を務める細田博之議長は、10日に開催された自民党議員のパーティーでの発言が波紋を広げています。

衆議院 細田博之議長
「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかないんですよ。“しか”というと怒られちゃうけど。(上場)会社の社長は1億円は必ずもらうんですよ」

さらに…

衆議院 細田博之議長
「たくさんの議員を出して、盛んな議論をしてもらうのがいい。月給100万円未満である手取りの議員を多少増やしたって、バチは当たらない」

12日、野党からは――

立憲民主党 小川政調会長
「極めて不適切な発言だということで抗議申し上げたい」

日本維新の会 遠藤国対委員長
「なんでそんなこと言うんかね。議長というか、真逆ですよね、世の中と」

さらに、ある自民党議員からも「100万円なんて、普通の議員はもらってないよね。適当なことを言うのはやめてほしい」との声もあがっています。

   ◇

有働由美子キャスター
「廣瀬さんは(細田議長の発言について)どう感じましたか?」


廣瀬俊朗・元ラグビー日本代表キャプテン(「news zero」パートナー)
「議長の『上場企業の社長は1億円もらう』という発言は、事実とは異なるので、軽率に聞こえました。ファクトに基づいて発言していただかないと、政治への信頼は揺らぐなと思いました」


有働
「そもそもなんで『国会議員を増やすべき』ということを言い出したんでしょうか?」


小栗泉・日本テレビ解説委員
「実は細田さんは、自他共に認める『選挙制度の専門家』なんですね。そこで細田さんは、『1票の格差』を解消しようと、責任者の一人として、衆議院の区割りを変更する『10増10減』を念頭においた法案をまとめて、国会に提出、成立させました」

「これを受けて、具体的にどこを増やしたり減らしたりするのか政府が検討したところ、定数が増えるのは、東京、神奈川などの都市部。一方、減るのは安倍元総理の地元の山口や、二階元幹事長の地元の和歌山など、『自民党が強い』と言われている選挙区となりそうなんです。そうしたら細田さん、途端にちゃぶ台返しともとれることを言い始めました。いわく、『地方を減らして都会を増やすだけが能じゃない』。そして、今回の発言につながったんです」


有働
「なんか、言っていることとやっていることが全然違う感じがしますけど」


小栗
「野党はですね、『自民党の党利党略で、国会で決めたことを無視するのはおかしい』と反発。また、自民党の伊吹元衆議院議長は、『ポジションにいる者には言ってはいけないことがある。私も議長の時、言ってはいけないことは抑えていた』と、議長経験者として苦言を呈しています」


有働
「議長といえば公平・中立な立場ですよね。国会で話し合って決めたことを議長自らひっくり返すような発言を続けたら、権威は丸つぶれだと思います」

(5月12日放送『news zero』より)

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 「議長でも月100万円しかもらえない」発言 野党は “自民党の党利党略” と反発 元議長も苦言