×

政府与党との距離感が焦点 国民民主党、玉木代表が再選

2023年9月2日 22:23

国民民主党の代表選挙の投開票が行われ、玉木雄一郎代表が再選されました。政府与党との距離感が今後の焦点となります。

代表選は、全体の7割を超える80ポイントを獲得した玉木氏の圧勝に終わりました。

今回の大きな争点だったのは、政府与党との距離感でした。玉木氏は、政策実現のためなら自民党など与党との協力も排除しない考えで、今後はさらに踏み込んで、現在の自民・公明の連立政権入りを目指すことに含みを持たせました。

国民民主党・玉木代表「今後、新たにできる連立政権の一翼をいつか、きちんと主要な核として担いたい。そのために実力をつけていくのが今の方針」

一方で、玉木氏は、もし与党から大臣ポストを打診されたとしても、自らは受けない考えを示しました。

敗れた前原氏は連立政権入りの動きをけん制しました。

国民民主党・前原代表代行「バラバラの野党をまとめて、あたたかに包み込み、野党結集をはかるというのが、我が党の綱領の中に入っている」

前原氏は、自民党から連立政権の呼びかけがあった場合には、党内で議論する必要があると述べた上で「そのときに私の立ち位置は明確に申し上げたい」と述べました。