×

飼育員から感染か…新型コロナでライオン2頭が死ぬ 「動物から人」も懸念

2023年3月10日 2:12
飼育員から感染か…新型コロナでライオン2頭が死ぬ 「動物から人」も懸念

和歌山・白浜町のアドベンチャーワールドで飼育していたライオンが新型コロナウイルスに感染し、死んでいたことが分かりました。飼育員からライオンにうつったとみられています。一方で今、懸念されるのが動物から人への感染です。

    ◇

和歌山・白浜町のアドベンチャーワールドで飼育されているライオンのうち2頭が新型コロナに感染し死んでいたことが9日、明らかになりました。環境省によると、国内の動物園で飼育されている動物で新型コロナの感染が確認されたのは初めてです。

新型コロナに感染して死んだのは、19歳のオスライオンと21歳のメスライオンです。2頭は高齢で、基礎疾患があったということです。今年1月、鼻水やせきの症状が出て食欲がなくなり、その後、肺炎を発症し死んだとみられています。抗原検査を行ったところ、新型コロナに感染していたことが判明しました。また、飼育されているほかのライオン8頭にもせきなどの症状がみられたということです。

気になるのは、その感染ルートです。

実は、同じ時期にライオンの飼育員2人が新型コロナに感染していました。そのため、飼育員からライオンにうつったとみられています。アドベンチャーワールドは、「動物たちが安全に暮らせるよう、感染予防に努めていきたい」としています。

    ◇

人から動物への新型コロナの感染。

厚生労働省によると、数例ですが人からペットの犬や猫が感染したとみられるケースもあったということです。犬では今のところ、新型コロナの明確な症状は確認されていないといいますが、猫では呼吸器や消化器の症状がみられたといいます。

実際に、新型コロナに感染した飼い猫を治療したことがあるという獣医師に聞きました。

やまだ動物病院 山田恭嗣獣医師
「風邪のくしゃみ鼻水、目やにがひどかったのと、せきですね。猫ってくしゃみは聞くけど、ゴホッゴホッてひどいせきをしていたので、これは普通と違うかな」

飼っていた家族6人のうち5人が新型コロナに感染していました。室内で飼われていたため、猫にもうつったとみられているといいます。その後、猫は無事回復したということです。

山田獣医師によると、猫はほかの動物に比べて新型コロナに感染しやすいといい、猫から猫にうつるケースもあったといいます。

今回は、同じネコ科のライオンが感染しています。

    ◇

一方で今、懸念されるのが動物から人への感染です。

やまだ動物病院 山田恭嗣獣医師
「昨年、タイで『感染した猫から獣医師が感染した』という報告が、世界で初めてあったので、条件が重なると猫から人が感染する可能性も分かってきた」

厚労省によると、これまでにもオランダのミンク農場で、ミンクから人へ感染した可能性がある事例が報告されています。

山田獣医師は対策について、「(ペットに)せきやくしゃみなどの飛まつをかけないとか、マスクをしてペットと接する。人間同士が接する時と同じような対応をしてくれればいい」と話しています。

(3月9日放送『news zero』より)

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 飼育員から感染か…新型コロナでライオン2頭が死ぬ 「動物から人」も懸念