日テレNEWS
社会
2022年1月21日 11:56

ファイザー製 5~11歳へのワクチン承認

ファイザー製 5~11歳へのワクチン承認
(c)NNN

5歳から11歳の子どもを対象としたファイザー製の新型コロナワクチンについて、後藤厚労大臣は、国内での製造販売を正式に承認しました。

特例承認されたのは、ファイザー製の5歳から11歳の子どもを対象としたワクチンです。これまでの12歳以上が対象のワクチンと同じ成分で、投与量は3分の1の10マイクログラム、3週間間隔で2回接種を行います。

国内で5歳から11歳を対象としたワクチンが承認されるのは初めてで、厚労省は来週、専門部会を開き、予防接種法上の臨時接種に位置づけ、3月以降にも、無料での接種が開始される見通しです。

一方、国内で使用が認められる新型コロナ治療薬として7例目となり、主に重症患者の治療に使われる中外製薬の関節リウマチの治療薬「アクテムラ」についても、正式に承認されました。