×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • “災害級暑さ” 都心も「体温超え」 熱中症の“後遺症”に注意を… 名古屋では“体育中止”異例の通達

“災害級暑さ” 都心も「体温超え」 熱中症の“後遺症”に注意を… 名古屋では“体育中止”異例の通達

2023年7月19日 1:04

18日の東京都心の最高気温は37.5℃で“ことし最高”を記録しました。東京都心は5日連続の“熱帯夜”となる見込みです。

午前中から気温がハイペースで上がり続けた18日は、全国で35℃以上の地点が続出。近畿から関東を中心に“危険な暑さ”となりました。

猛暑日だった愛知県では、名古屋市の教育委員会がすべての公立小中学校などに対して、クーラーの効かない場所での体育を中止にする“異例”ともいえる通達を出しました。

熱中症患者の搬送も相次いでいますが、熱中症にも“後遺症”があるといいます。一度症状が安定した後も、注意が必要です。医師は「緊急的に冷やすということをして、頭を保護するということが大事」と話します。 

※詳しくは動画をご覧ください(7月18日放送『news zero』より)