日テレNEWS
社会
2014年11月2日 11:43

“重大事故想定”志賀原発で政府の防災訓練

“重大事故想定”志賀原発で政府の防災訓練
(c)NNN

 北陸電力志賀原子力発電所での重大事故を想定した政府の防災訓練が、2日朝から石川県と富山県で始まった。

 訓練は、石川県内で地震が発生して志賀原発2号機の原子炉が自動停止し、外部電源を喪失して原子炉への注水機能が全て失われるという想定で行われた。

 政府の原子力防災訓練は、東日本大震災以降、去年の九州電力、川内原発に続き2回目。今回は、国の関係機関や自治体など150機関、さらに、原発から30キロ圏内に入る8市町の住民ら計3740人が参加している。訓練では、現地と首相官邸をつなぐテレビ会議で安倍首相が指揮をとり、住民避難の実効性などを検証する予定。