日テレNEWS
社会
2015年5月27日 12:35

新銀行東京との“統合交渉”は事実~地銀G

新銀行東京との“統合交渉”は事実~地銀G
(c)NNN

 石原慎太郎元都知事の意向で東京都が1000億円の出資をして設立された「新銀行東京」が、地方銀行グループの傘下に入る方向で交渉を進めていることが明らかになった。

 関係者によると、「新銀行東京」は「東京都民銀行」や「八千代銀行」を傘下に持つ「東京TYフィナンシャルグループ」の傘下に入る方向で経営統合の交渉を進めていることが明らかになった。「新銀行東京」は、石原慎太郎元都知事の意向で東京都が1000億円の出資をして中小企業の支援のため設立したが、開業から3年後にはずさんな融資などで経営危機を迎え、東京都から400億円の追加出資を受けて経営再建を進めてきた。経営統合が実現すれば、東京都は銀行の経営から事実上退くことになる。

 これについて「東京TYフィナンシャルグループ」は、「新銀行東京」と経営統合の検討を開始していることは事実としている。その上で、現時点で開示すべき具体的な決定事実はないとして、今後進展があれば速やかに発表することを明らかにしている。