×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 次は322年後…まもなく「皆既月食」と「惑星食」の“同時”天体ショー 全国ほとんどの場所で観測可能

次は322年後…まもなく「皆既月食」と「惑星食」の“同時”天体ショー 全国ほとんどの場所で観測可能

2022年11月8日 17:52

8日夜、皆既月食と惑星食が同時に起きる442年ぶりの天体ショーを見られそうです。

映像は、8日午後5時半現在、浅草を照らす月の様子です。この日は都心からも月がよく見えています。このあと月食が始まると、月は赤黒い色に変化しながら徐々に欠けていく見込みです。

国立天文台によりますと、8日午後6時9分から月の一部が欠けてみえる部分食が始まり、午後7時16分から8時42分までの86分間は月が地球の影にすっぽり隠れる皆既月食となるということです。この現象は全国各地で観測できるということです。

さらに、8日は天王星が月に隠れる天王星食も、全国ほとんどの場所で観測できるということです。

日本で惑星が月に隠れる惑星食と皆既月食が同時に見られるのは1580年以来、442年ぶりで、次に見られるのは土星食と重なる322年後です。

日テレNEWSでは、報道局映像取材部が総力をかけて一部始終をライブしました!複数のカメラを駆使したライブ映像をお楽しみください。 【ライブ映像】皆既月食 × 惑星食 世紀の天体ショー ――Total Lunar Eclipse 2022,Japan https://www.youtube.com/watch?v=Q5RWZICcDZw