日テレNEWS
社会
2016年7月29日 22:16

年金積立金の運用 約5兆3千億円の赤字に

年金積立金の運用 約5兆3千億円の赤字に
(c)NNN

 公的年金の積立金の運用状況は株価下落をうけて昨年度、5兆3000億円あまりの赤字だった。

 年金の積立金を運用しているGPIFは29日、年金積立金の運用が昨年度、5兆3098億円の赤字だったと発表した。昨年夏の世界的な株安などが影響したもので、単年度の赤字は5年ぶり。積立金は昨年度末時点で140兆6271億円となった。

 GPIFは厚生労働相の委託を受けて、年金積立金を株や債券で運用しているが、2014年10月、株に投資する割合を資産全体の50%まで引き上げた。

 野党は、「政府が巨額の年金資金を株価上昇のために利用している」と批判しているが、厚生労働省は、年金の支払いは主に税金と若い世代の保険料でまかなっており、今回の損失で年金の支給額が減ることはないと説明している。