日テレNEWS
社会
2016年12月30日 14:02

今年最後の競りに「ひみ寒ぶり」900本

今年最後の競りに「ひみ寒ぶり」900本
(c)NNN

 ブランドブリで知られる富山県の氷見漁港で30日朝、今年最後の競りが行われ、「ひみ寒ぶり」約900本の水揚げに浜は活気づいた。

 氷見漁港では、氷見沖と石川県七尾沖の定置網に入ったブリが水揚げされ、午前6時から、今年最後の競りが行われた。水揚げされたブリは925本、重さはほとんどが10キロ前後で、中には13キロを超える大物もあった。

 2年ぶりの「ひみ寒ぶり宣言」が出された今シーズンは、この日までに2万1000本余りが水揚げされ、2014年の同じ時期より1万5000本以上、増えている。関係者は「年明けも、この調子が続くことを期待したい」と話していた。

 氷見漁港の来年の初競りは1月4日。