×

青葉真司被告「やり過ぎたと…」弁護側は無罪か減軽主張 京アニ放火殺人

2023年9月5日 13:41
青葉真司被告「やり過ぎたと…」弁護側は無罪か減軽主張 京アニ放火殺人

4年前の京都アニメーション放火殺人事件で、36人を殺害した罪などに問われている男の裁判員裁判が始まり、男は起訴内容を認めました。

青葉真司被告は、2019年7月、京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオに放火し、36人を殺害した罪などに問われています。

青葉被告は車いすに乗って法廷に入り、重いヤケドを負った顔や頭には、いまだヤケドの痕が残っていました。

青葉被告は、検察官が読み上げる起訴状をうなずきながら聞いた後、「間違いありません」と起訴内容を認めたうえで、「事件当時はこんなにたくさんの人が亡くなると思っておらず、今はやり過ぎたと思っています」と話しました。

これに対し弁護側は、青葉被告は当時、「責任能力が完全になく無罪だ。無罪でないにしても減軽されるべき」と主張し、一方の検察は、「責任能力は完全に残っていた」とし、「妄想ではなく、筋違いのうらみによる復しゅう」などと指摘しました。

裁判は、青葉被告が動機や背景について何を語るかが注目されるとともに、責任能力があるかどうかが争点となり、来年1月25日の判決まで最大32回開かれます。

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 青葉真司被告「やり過ぎたと…」弁護側は無罪か減軽主張 京アニ放火殺人