日テレNEWS
社会
2018年12月19日 18:44

“一票の格差”去年衆院選「合憲」~最高裁

“一票の格差”去年衆院選「合憲」~最高裁
(c)NNN

去年の衆議院選挙は「合憲」だったと判断された。

「一票の格差」が最大で1.98倍だった去年の衆議院選挙は憲法違反だとして、弁護士グループが選挙の無効を求めた裁判で、最高裁判所は、「合憲」と判断して上告を棄却した。

最高裁は、0増6減の措置や新制度の導入などで段階的に是正を図ったと評価できるとして、憲法の求める「投票価値の平等」に反する状態にあったとはいえない、とした。