日テレNEWS
社会
2019年3月11日 1:04

震災の津波で犠牲…園児5人の慰霊碑 宮城

震災の津波で犠牲…園児5人の慰霊碑 宮城
(c)NNN

東日本大震災から11日で8年を迎える。宮城県石巻市では、津波で犠牲となった幼稚園児の遺族らが建てた慰霊碑の除幕式が行われた。

除幕式には遺族や関係者らが参列し、園児らが亡くなった場所の近くに設けられた慰霊碑が公開された。

慰霊碑は、石巻市内の幼稚園の送迎バスで帰宅途中、東日本大震災の津波に遭い犠牲となった園児5人を追悼するもの。刻まれた詩には、遺族の承諾が取れた4人の園児の名前が織り交ぜられている。

長女の愛梨ちゃん(当時6)を亡くした佐藤美香さんは、「ようやく子どもたちの生きた証しを、少しでも残してあげることができたなという思いです」と話した。

慰霊碑の近くには、来年、復興祈念公園が完成する予定で、遺族は「公園を訪れた人にもこの石碑を見てもらい、子どもたちが犠牲となった事故のことを知るきっかけになれば」と話している。