日テレNEWS
社会
2019年4月13日 18:08

熊本地震3年へ「亡くなった人に寄り添う」

熊本地震3年へ「亡くなった人に寄り添う」
(c)NNN

熊本地震から14日で3年。震度7を2度観測した熊本県益城町では献花台が設置され、訪れた人たちが祈りをささげた。一連の地震では、いまも約1万6500人が仮住まいでの生活を余儀なくされている。

益城町では、熊本地震の前震が発生した「4月14日」を迎えるのを前に、献花台が設けられた。献花台には町民や職員などが訪れ、白い花を手向け犠牲者に祈りをささげた。

益城町の職員「亡くなった人たちに寄り添っていくことが、私たち職員は使命だと思っていますので、これから先も前向きに取り組んでいきたい」

一連の地震では関連死を含め270人が亡くなり、いまも約1万6500人が仮住まいでの生活を送っている。

献花台は今月16日まで設置される。