×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 長崎に「線状降水帯」発生 記録的大雨に 九州北部と南部に事前予測情報も

長崎に「線状降水帯」発生 記録的大雨に 九州北部と南部に事前予測情報も

2022年7月18日 16:45
長崎に「線状降水帯」発生 記録的大雨に 九州北部と南部に事前予測情報も

長崎県の対馬付近では18日、発達した雨雲が線状につらなる「線状降水帯」が発生し、記録的な大雨になっています。

停滞する前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、長崎県の対馬付近では、午後3時に、非常に発達した雨雲が線状につらなる、「線状降水帯」が発生しました。

対馬空港で1時間に95ミリと、観測史上1位となる記録的な大雨を観測したほか、対馬市の各地で、1時間に、およそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は、記録的短時間大雨情報を発表しました。

非常に激しい雨が同じ場所で降り続き、命に危険が及ぶ土砂災害や洪水による災害発生の危険度が急激に高まっています。

また、気象庁は、九州北部と九州南部でも19日午前中にかけて、大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるとして、線状降水帯の事前予測情報を発表しています。

梅雨末期のような甚大な災害をもたらす大雨となるおそれがあり、最大級の警戒が必要です。