日テレNEWS
社会
2019年11月10日 8:05

きょう即位パレード 厳重な警備体制

きょう即位パレード 厳重な警備体制
(c)NNN

天皇陛下の即位パレードに向け、沿道では準備が始まっている。警視庁は、周辺の交通規制を行うほか、沿道に集まる全ての人に手荷物検査を行うなど、厳重な警備体制でパレードに臨む。

即位パレード当日を迎えた10日午前0時頃から、皇居から赤坂御所のコース上では、沿道に集まった人が入るブースの設置が始まった。警視庁は、沿道に集まる全ての人に手荷物検査をするため、検査所を、コース上の29地点・40か所に設置する。

検査は、皇居に近い二重橋前などで午前8時から、祝田橋と桜田門では午前11時以降、国会前から赤坂御所周辺では、正午以降に始まる予定。大きな荷物やビンなどは持ち込みが禁止されるほか、周辺の地下鉄の駅では一部の出入り口が閉鎖される。

また、パレードコース周辺の一般道や首都高速道路は午前7時から午後4時30分頃までの間で、時間帯によって通行止めとなる。車両の通行が禁止されるエリアや、手荷物検査所の場所、人出の状況などは警視庁のホームページや警視庁広報課のツイッターで確認を。