×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 鹿児島・桜島 噴火警戒を“最高ランク”で“避難が必要な”レベル5に引きあげ~気象庁

鹿児島・桜島 噴火警戒を“最高ランク”で“避難が必要な”レベル5に引きあげ~気象庁

2022年7月24日 21:02
鹿児島・桜島 噴火警戒を“最高ランク”で“避難が必要な”レベル5に引きあげ~気象庁

気象庁は鹿児島県の桜島で24日午後8時5分ごろ、火口から2.4キロを超えて大きな噴石が飛んだとして、噴火警戒レベルを避難が必要なレベル5に引きあげました。

気象庁によりますと、桜島の南岳山頂火口では午後8時5分に爆発が発生し、弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から約2.5キロまで達したということです。

このため、噴火警戒レベルを3の入山規制から最も上のランクで避難が必要なレベル5に引きあげました。危険な居住地域からただちに避難が必要です。

対象地域は鹿児島市です。桜島の南岳山頂火口、および昭和火口からおおむね3キロ以内の居住地域、有村町、および古里町の一部では、大きな噴石に厳重な警戒をしてください。