×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 世田谷一家殺害事件から23年 毎日カレンダーに“斜線”引く 風化させない…92歳母の思い「朗読劇」に

世田谷一家殺害事件から23年 毎日カレンダーに“斜線”引く 風化させない…92歳母の思い「朗読劇」に

2023年12月26日 20:17

東京・世田谷区で、宮沢みきおさん一家4人が殺害された事件は、未解決のまままもなく23年となります。犯人逮捕の連絡を待ち続ける、みきおさんの母は今年92歳になりました。残された時間が限られるなか、母の思いが1つの「朗読劇」になりました。

    ◇

東京・世田谷区にある住宅街の一角、公園で遊ぶ子どもたちの奥に、白いフェンスで囲まれた一軒家があります。23年前、この家の中で、宮沢みきおさん一家が殺害されました。

今月18日、1人息子のみきおさん家族を失った宮沢節子さん(92)に、今の思いを聞きました。

みきおさんの母 宮沢節子さん(92)
「捕まることだけ願ってる。なんでそういうことになったのか、(犯人に)聞きたい」
「分かんないことばっかり」

    ◇

2000年12月31日――

東京・世田谷区の住宅で、みきおさん(当時44)と妻の泰子さん(当時41)、長女のにいなちゃん(当時8)、長男の礼くん(当時6)の4人が、殺害されているのが見つかりました。

いまも、事件は未解決のままです。

1人で暮らしている節子さん。自宅には、犯人逮捕を23年もの間待ち続ける、節子さんの思いを物語るものがあります。

節子さん
「こうやって、毎日これをずっと、1日1日重ねて。ああ、きょうもダメだなって思って、引くんです。だから、いつになったら、これ引かないで済むかなって」    

犯人逮捕の連絡がなかった日に、カレンダーに引き続けている“斜線”……。

節子さん
「今でも(夜の)12時前に寝ることはないですね。その知らせを、待ってるというか」

今年も、4人の命日…12月30日が近づいてきました。

    ◇

節子さんには今年、「事件の風化」をあらためて実感する出来事がありました。

節子さん
「若い子どもたちが入ったというのもね、もしかしたら事件知らないで、お化け屋敷のつもりで入ったんじゃないかと思いましたね」

10月、立ち入り禁止となっていた事件現場の敷地内に、男子高校生およそ10人が侵入。男子高校生らは、「肝試し感覚だった」、「事件現場とは知らなかった」などと話したといいます。

節子さん
「犯人が見つかるまでは忘れないように、若い人たちにも知って欲しいし、年配の方には“忘れないで”と思ってるんですけどね」

事件を風化させてはならない――

節子さんのために、動き出した人たちがいました。

先月、節子さんの自宅に集まったのは、事件の捜査本部が置かれていた、警視庁・成城警察署の元署長・土田猛さんら5人。この日、一緒にいたのは、劇作家の高橋いさをさんや、劇の俳優たちです。

捜査本部あった成城警察署 元署長 土田猛さん
「今回の『朗読劇』のポスターができたんですよ」

土田さんは警視庁を退職したあとも、節子さんの姿をそばで見続け、節子さんが元気なうちにその思いを形に残したいと「朗読劇」を企画したのです。

劇の脚本と演出を手がける高橋さんの目にとまったのは、冷蔵庫に張られた“あのカレンダー”。

劇作家 高橋いさをさん
「1枚、取ってもいいですか」

節子さん
「今年のなんです、それは。1年分は取ってある」

20年以上、どんな気持ちで斜線を引き続けたのか……。

劇作家 高橋いさをさん
「泣きそうになりましたね……うわぁっと思って。ただのカレンダーなんですけど…やっぱり斜線が引いてあるのを見ると、なんとも言えない…」

    ◇

今月16日、迎えた朗読劇の当日。タイトルは「午前0時のカレンダー」です。東京・世田谷区の会場には節子さんの姿も…。地元の人ら約150人が集まりました。

そして舞台の中央には、斜線が引かれたカレンダーがかけられました。

語り
「ある日の深夜0時」
「その人は、カレンダーに定規を使って斜線を引く」
「それは、楽しい出来事を忘れないための印ではない」
「それは、“きょうも犯人は捕まらなかった”という失望の印である」

節子さんが、息子家族に悲痛な思いを訴える場面も。

節子さん役
「私には、もう時間がないんです。早くあなたたちに、それを報告できる日が来ることを願ってやみません」

なぜ、4人の命は奪われたのか――

答えがわからないまま過ごす、節子さんの苦悩の日々が描かれていました。劇の終盤、舞台には、幸せな日々を送っていたころの家族写真が映し出されました。

    ◇

今年、92歳になった節子さん。残された時間は長くない、と感じています。

節子さん
「私が生きてる間にっていうかな。(事件が解決したと)みんなに報告したい。頑張ったよっていうふうにね、言いたいんですよね」