×

こども家庭庁 保護者の信仰に伴う児童虐待を調査へ

2023年7月10日 18:32

こども家庭庁が保護者の信仰などに伴う児童虐待を調査します。こども家庭庁は保護者の信仰などを背景とする児童虐待に関する調査研究を行う事業者の募集を始めました。

「むち打ち」など宗教に関係する児童虐待については、厚労省が去年12月に対応指針を取りまとめていて、今回の調査研究ではこの指針が学校などでどれだけ認識されているかも調べる方針です。

また、子どもへの輸血を拒否するなどの「医療ネグレクト」に関しても、児童相談所や医療機関から実態を聞き取る形での調査を行う方針です。