日テレNEWS
社会
2021年6月23日 18:25

静岡に聖火 金メダリストの荒川静香さんも

聖火のいまを伝える「聖火いまココっ」。これまで40道府県をかけぬけた聖火リレーは、23日から静岡県ではじまりました。

 ◇◇◇

静岡県のスタートは県内で最も西に位置する湖西市から。会場では太鼓やホラ貝、体ほどの大きさのある手筒花火で盛り上げました。

第1走者は前回のオリンピック開催国、ブラジルで生まれ湖西市で育った當間ローズさん。そして午前8時すぎ。応援の拍手の中、スタート。

静岡県の第1走者・當間ローズさん「(聖火リレーを)いつか自分も走れたらいいなと思っていたのが、本当に夢がかなったような思いです」

およそ100人で聖火をつなぐ1日目の23日。袋井市の競技場で聖火を待っていたのは、フィギュアスケートトリノ五輪金メダリストの荒川静香さんです。

フィギュアスケート トリノ五輪金メダリスト・荒川静香さん「アスリートにとってだけではなく、多くの人の希望につながるような大会になることを心より願って、きょうは聖火をつなぐ大役をつとめさせていただきました」

他にも静岡出身のサッカー元日本代表、中山雅史さんやアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんが走者をつとめました。静岡県の聖火リレーは25日まで行われます。