日テレNEWS
社会
2021年7月1日 11:23

あすにかけ東・西日本で大雨 厳重警戒を

あすにかけ東・西日本で大雨 厳重警戒を
(c)NNN

1日朝、気象庁から伊豆諸島北部に「線状降水帯発生情報」が出されました。2日にかけても、東日本や西日本を中心に大雨に警戒が必要です。

1日朝は活発な梅雨前線の影響で、集中豪雨をもたらす線状降水帯が発生したため、気象庁から伊豆諸島北部に「線状降水帯発生情報」が出されました。ただ、この時間はいったん峠を越えたようです。

今後も、東日本や西日本の太平洋側から南西諸島にかけて活発な雨雲が連なるため、大雨の降りやすい状態が続く見込みです。

予想される雨の量は、伊豆諸島と東海で250ミリ、九州南部で150ミリ、関東甲信で120ミリなどとなっています。引き続き、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。