日テレNEWS
社会
2021年7月5日 23:33

救助活動“胸元近くまで土砂” 疲弊激しく

救助活動“胸元近くまで土砂” 疲弊激しく
(c)NNN

静岡県熱海市で起きた大規模な土石流。5日の捜索活動は午後6時に終了しました。現在の状況について、熱海市の災害対策本部から佐藤キャスターが中継で伝えます。

     ◇

土石流の発生から3日目の夜を迎えた市役所に設けられた災害対策本部では、24時間態勢で職員の方々が、被害状況の情報収集や情報の共有を行っています。

6日も救助活動は5日と同じく、自衛隊と消防、警察の1100人態勢で朝6時から行われますが、疲弊が激しく、メンバーを入れ替えるということです。

救助活動を行っている警視庁の幹部は、「土砂を除去しながらの捜索が難しい」と話していました。場所によっては胸もと近くまで土砂で埋まっているところもあるといいます。

また、別荘地ならではの問題にも直面していて、住民票があっても本当に住んでいるのか分からない人もいるため、行方不明者の正確な把握自体が難しいということです。

避難されている方々の状況については、家族で市内のホテルに避難している40代の男性によりますと、「食事もできていて、プライベートも確保されているので安心して過ごせている」ということです。

一方で、被災した地域は封鎖されていて、入れない状況のため、「自宅がどうなっているのか全く分からない」ことが不安だと話していました。