×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • コロナ感染者の葬儀など制限緩和を検討 厚労省が年内にも実施で調整

コロナ感染者の葬儀など制限緩和を検討 厚労省が年内にも実施で調整

2022年12月15日 14:08

新型コロナウイルスに感染し、亡くなった人の遺体の取り扱いや葬儀などに関して、厚生労働省が制限の緩和を検討していることがわかりました。

現在、新型コロナに感染し、亡くなった人については、接触感染のおそれがあるとして、遺体に触れることは避け、納体袋に収容することや、通夜や葬儀は対面を避けるオンライン形式などを推奨することが、厚生労働省のガイドラインで示されています。

こうした制限について、厚労省が年内にも緩和する方向で調整していることがわかりました。

具体的には、基本的な感染対策を講じた上で、適切な対策をとれば通常と同じような遺体の扱いが可能で、原則、納体袋への収容は不要とすることや、濃厚接触者の遺族もマスク着用など対策をすれば、通夜や葬儀に参加することを認めることなどが検討されています。

厚労省は今後、葬儀業者など関係団体の意見を踏まえ、最終決定する方針です。