×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 山上容疑者“教団トップ狙っていたがうまくいかなかった” 安倍元首相銃撃

山上容疑者“教団トップ狙っていたがうまくいかなかった” 安倍元首相銃撃

2022年7月16日 11:36
山上容疑者“教団トップ狙っていたがうまくいかなかった” 安倍元首相銃撃

安倍元首相が銃撃され死亡した事件で、逮捕された男が、「恨みがあった宗教団体のトップを狙っていたがうまくいかなかった」という趣旨の供述をしていることがわかりました。

山上徹也容疑者は警察のこれまでの調べに対し「母親が旧統一教会にのめり込み、多額の寄付をするなどして家庭生活がめちゃくちゃになった」「教団を恨んでいた」と供述していることがわかっています。

その後の捜査関係者への取材で、山上容疑者が、「教団の総裁をずっと狙っていて、数年前に来日した際に火炎瓶を用意して会場を訪れたが、うまくいかなかった」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。

山上容疑者は、事件前日に奈良市内の旧統一教会の支部が入る建物に試し打ちをしたと話していて、付近の防犯カメラには、発砲によるとみられる光や音が記録されていました。

警察は、教団に対する恨みが、安倍元首相の襲撃につながったとみて、供述の裏付けを慎重に進めています。