×

【天気】九州で線状降水帯発生の恐れ、土砂災害などに厳重警戒 広く大気不安定 急な雷雨にも注意

2022年7月15日 18:08
【天気】九州で線状降水帯発生の恐れ、土砂災害などに厳重警戒 広く大気不安定 急な雷雨にも注意

【あす16日(土)全国の天気】
●ポイント
・九州で線状降水帯が発生か
・土砂災害などに厳重警戒
・広く大気不安定
・急な雷雨にも注意

あす16日(土)も日本付近には復活した梅雨前線が停滞し、日本海の上空には強い寒気、寒冷渦が停滞するでしょう。このため、前線付近を中心に大気の状態が非常に不安定となり、引き続き、広い範囲で大雨となるおそれがあります。

特に今夜15日(金)からあす16日(土)午前中にかけて、九州では活発な雨雲が次々と連なる線状降水帯が発生するおそれがあり、雨雲の発達具合に要警戒です。

あす16日(土)午後6時までに予想される雨の量は、九州の多い所で、250ミリの予想ですが、線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨の量が増える心配があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に厳重な警戒が必要です。

晴れ間の広がる所でも、上空の寒気の影響で、急に激しい雷雨に見舞われるおそれがあり、天気の急変にも十分ご注意下さい。

予想最高気温は、宮崎で35℃の他は、猛暑日予想はありませんが、東日本や西日本では30℃以上の真夏日の所も多いでしょう。湿気が多く、蒸し暑い所が多くなりますので、熱中症にも警戒して下さい。

あす16日(土)午後6時までの予想雨量、多い所、
九州南部、九州北部 250ミリ
四国、近畿、東北 150ミリ
東海 120ミリ
奄美、中国、北陸、関東甲信 100ミリ
北海道 80ミリ

あさって17日(日)午後6時までの24時間予想雨量、多い所、
東海、北海道 100ミリ~150ミリ
九州南部、北陸、関東甲信、東北50ミリ~100ミリ

あす16日(土)の予想最低気温()内は前日差と季節感
札幌   20℃(±0℃ 真夏)
青森   20℃(-1℃ 真夏)
仙台   21℃(+2℃ 真夏)
新潟   23℃(±0℃ 真夏)
東京都心 23℃(±0℃ 真夏)
名古屋  24℃(+1℃ 真夏)
大阪   25℃(+1℃ 熱帯夜)
広島   24℃(-1℃ 平年並み)
高知   24℃(±0℃ 平年並み)
福岡   26℃(±0℃ 熱帯夜)

あす16日(土)の予想最高気温()内は前日差と季節感
札幌   25℃(+2℃ 平年並み)
青森   25℃(-2℃ 7月上旬)
仙台   25℃(+2℃ 7月上旬)
新潟   30℃(+4℃ 真夏)
東京都心 28℃(+3℃ 7月上旬)
名古屋  27℃(-1℃ 6月上旬)
大阪   30℃(-2℃ 7月上旬)
広島   31℃(±0℃ 平年並み)
高知   29℃(-2℃ 7月上旬)
福岡   33℃(+1℃ 真夏)

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【天気】九州で線状降水帯発生の恐れ、土砂災害などに厳重警戒 広く大気不安定 急な雷雨にも注意