×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 「好き」をとことん、どの子も特別扱い フリースクールの日常(下)

「好き」をとことん、どの子も特別扱い フリースクールの日常(下)

2023年5月2日 19:12
「好き」をとことん、どの子も特別扱い フリースクールの日常(下)

フリースクール「YES(イエス)インターナショナルスクール東京校」の特徴の一つがブラジルの格闘技カポエイラの講座です。スペシャリストである中嶋祐治先生のダイナミックな動きとともに、子どもたちが汗をかくまで動きました。体を支えるブリッジを片手でしてみたり、回転してから、足を高く蹴り上げたりしますが、相手を傷つけずに、相手との間合いを楽しむのだといいます。

 ◇◇◇

先生のお手本の後、子どもたちが思い思いに動くと、先生は正確にまねることや強さを求めるのではなく、その子なりの特徴をとらえて声をかけます。多少おぼつかず、ゆったりと動く女子児童には、「足の着地でドンと音がしないで静かだね。音を出さないってなかなか難しいんだよ」と言い、その子は嬉しそうにしていました。

このカポエイラで軽快な動きを見せた男子児童がいました。彼は、日頃、にこにこしながら、ティッシュやチラシなど身近な素材で色々なものを作っていて、静電気にも興味津々。

お母さんによると、ある障害の影響からか、以前は、自信を失い、食事もとれないほど落ち込んでいたそうですが、ここに通いだしてから、家でも明るくなり、本もたくさん読むようになったそうです。お母さんは「自分のペースでいい、これでいいんだという安心感、自由だからこそ、発想が豊かにわき上がってくる感じですよね」と話していました。

小正先生の「気になる最新科学」は、パソコンでゲームをしながらの参加やまんがを読んでいても怒られません。ここに来る子どもの中には、マルチタスク、つまり、オンラインゲームをしながら、先生の話を聞き、ほかのこともやるなど、同時にいくつかのことをやり遂げる特徴を持った子もいるということです。さきほど紹介した卒業生円舞くんもそうだったといいます。また、一見、興味がなさそうでも、この部屋にいるということは、いくらか関心があり、実は話を聞いている場合もあるといいます。

部屋の後方でまんがをよんでいた小学6年生のある男子児童は、途中でまんがを置いて前の方に座りに来ました。そして気がつくと、小正先生のすぐ前に移動し、次々に質問を繰り出していました。

この男子児童は別の日にも、まんがを読んでいましたが、アートの講座に途中からやって来ました。この日のテーマは「和菓子の練り切りを粘土で作ろう」。お母さんが茶道をしているといい、他の子たちがほとんど知らなかった「練り切り」を「知ってる!」と反応。

真剣な表情で粘土細工に取り組み、本物の練り切りのような滑らかな質感の土台に細かい線をほどこし、繊細な作品を作りあげました。

さらに、練り切りと茶道に関連し、この子は「戦国時代、戦いで活躍した家臣に分け与える領土がなくなってくると、武将は、茶器を領土の代わりに与えた」といった知識を披露。実は、この子はこれまで、こうした講座にほとんど参加してこなかったということで、いきいきと参加する様子に、普段から様子を見守ってきた広瀬悦子先生も驚いていました。子どものこうした変化はいつ、何をきっかけにやってくるのか、本人にさえわからないかもしれず、このスクールでは、信じて、待つ、を徹底しています。

ある日の昼食は、皆でオムライス作り。前週のミーティングで子どもたち自ら、レシピと材料を調べました。当日は、まずは皆でチキンライスを作り、自宅でオムレツを作ることが多いという男子中学生が講師となり、一人一人フライパンで卵を焼いていきます。自分で作ったオムライスを食べた男子児童は満足そうに「世界で2番目おいしい」一番は?と問うと「お母さんのオムライス」講師を務めた中学生は、「一人一人に声をかけることに気を配った」と話す。

「学校の調理実習で、『皆さん、火を付けましょう』と言うけど、自分を含めた大多数にむけたもので、人ごとになってしまう。ここではそういう形ではなく、一人一人が作る、ということを大切にしたかった」そして「僕が作ってしまいたいのをぐっとこらえました…だって、人にやってもらってうまく作れるより、自分でやって失敗した方がいいじゃないですか」さらに、翌日、別のメンバーでオムライスを作った後には「今日はちょっと手伝いました。周りが次々にうまくいっていたので。ある子が失敗して『あーあ、お前何やってんだよ』とかヤジとばされたら悲しいから」

ここでの学びは、子ども主体。皆がそれぞれのペースで好きなことをとことん追究し、大人はそれを支え、見守り、刺激をちりばめる…新たな模索が続いていました。

◆「“好き”をとことん どの子も特別扱い フリースクールの日常(上)」に戻る
https://news.ntv.co.jp/category/society/19cd0c64ee964b54a5a2f884c3fb0d8c