×

駐日ロシア大使 広島市の原爆慰霊碑に献花 ウクライナ侵攻で“核兵器の使用ありえない”と明言

2022年8月4日 16:55
駐日ロシア大使 広島市の原爆慰霊碑に献花 ウクライナ侵攻で“核兵器の使用ありえない”と明言

ロシアのガルージン駐日大使が広島市の原爆慰霊碑を参拝しウクライナ侵攻で核兵器の使用はありえないと明言しました。

4日午前10時すぎ、広島市の平和公園に姿を現したロシアのガルージン駐日大使は原爆慰霊碑に献花し、黙とうしました。

ガルージン駐日大使「犠牲者のご冥福を祈るために、そして遺族の方々に哀悼の意を表するために」

そして、ウクライナ侵攻における核の使用を否定しました。

ガルージン駐日大使「もちろん核兵器を使用する考えはまったくありません。(核兵器)使用はありえないということを確認したい」

また、「ロシアは核軍縮のリーダーである」とし、平和記念式典にロシアの招待を見送った広島市に不満を示しました。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 駐日ロシア大使 広島市の原爆慰霊碑に献花 ウクライナ侵攻で“核兵器の使用ありえない”と明言