×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 台風17号 27日に小笠原諸島最接近 小笠原では大雨や強風、高波などに注意・警戒を

台風17号 27日に小笠原諸島最接近 小笠原では大雨や強風、高波などに注意・警戒を

2022年9月26日 16:10
台風17号 27日に小笠原諸島最接近 小笠原では大雨や強風、高波などに注意・警戒を
台風17号の今後の進路予想

台風は、27日(火)未明から昼前にかけて小笠原諸島に最も接近する見込みで、大雨や強風、高波などに注意・警戒が必要です。

台風17号は、正午現在、父島の南南東の海上にあって、時速20キロで北北西に進んでいます。

中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートルとなっています。

台風は今後も北上を続け、27日(火)未明から昼前にかけて小笠原諸島に最も接近する見込みです。

その後、台風は進路を東よりに変え、日本の東を北東に進んで、30日(金)には温帯低気圧に変わる予想です。

小笠原諸島では、26日(月)午後から次第に風が強まり、海ではうねりを伴って波が高まります。

また、台風本体や周辺の湿った空気の影響で大気の状態が不安定となり、27日(火)は雷を伴った激しい雨が降って、大雨となる所がありそうです。

27日(火)正午までに予想される24時間雨量は120ミリ。

また、27日(火)にかけて予想される最大瞬間風速は30メートルとなっています。

大雨による土砂災害に警戒し、強風や高波、高潮にも十分な注意が必要です。