×

人が歩く速さで自動走行する乗り物 JR東日本が実証実験

2023年3月10日 13:56

JR東日本は人が歩く速さで自動走行する乗り物を使い街の魅力を発信する実証実験を11日から開始するのを前に10日、報道陣に公開しました。

実証実験で使う自動走行する木製の乗り物は全長およそ1.2メートル高さおよそ1メートルで最大3人が立ったまま乗ることができるものです。

最高時速は5キロで屋内・屋外問わず走行し乗り降りが気軽にできるのが特徴で、JR東日本は首にかけるスピーカーを貸し出し施設情報を提供することで利用の促進につなげたい考えです。

将来的には、再開発が進む高輪ゲートウェイ駅周辺に完成予定の文化施設や商業施設などをつなぐデッキの上での導入を目指しています。