×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【中継】国葬の日…銃撃現場にやまない献花の人 浮き彫りになる、山上容疑者の殺意と周到な計画性…複数弾丸が「半径15センチ内」に

【中継】国葬の日…銃撃現場にやまない献花の人 浮き彫りになる、山上容疑者の殺意と周到な計画性…複数弾丸が「半径15センチ内」に

2022年9月27日 14:34
【中継】国葬の日…銃撃現場にやまない献花の人 浮き彫りになる、山上容疑者の殺意と周到な計画性…複数弾丸が「半径15センチ内」に

安倍元総理大臣の国葬が午後2時から東京・千代田区の日本武道館で行われています。安倍元総理が銃撃された奈良市の事件現場から捜査の最新情報などをお伝えします。

奈良市の銃撃現場には献花台などは設置されていませんが、安倍元総理が倒れた場所に向かって手を合わせる人の姿が朝からやむことはありません。

警察の捜査で改めて浮き彫りになっているのは、強い殺意と周到な計画性です。

安倍元総理を銃撃し、殺害したとして逮捕された山上徹也容疑者(42)は現在、刑事責任能力を調べる鑑定留置が行われています。この間、警察は容疑者に話を聞くことができないため、これまでの供述などについての裏付けを中心に捜査が進められています。

犯行に使用された手製の銃は1度で6発の弾丸を発射できるもので、山上容疑者は事件前日、“旧統一教会”の関連施設が入る建物に向けて「試し撃ちをした」と供述しています。

警察が建物の弾痕を調べたところ、7~8メートルほどの距離から放たれたとみられる複数の弾丸が、半径15センチほどの範囲に収まっていたことが新たにわかりました。これは、人間一人の体におさまるほどの大きさになります。

警察庁の検証結果によりますと、1発目は安倍元総理から7メートルの位置から、2発目は5.3メートルの位置から発射されていて、これが命中しました。

山上容疑者は「隣の人に当たらない距離まで近づいた」という趣旨の供述をしていて、警察は試し撃ちを重ね、銃の射程を把握したうえで、安倍元総理だけを殺害するため、周到に準備していたとみて、捜査を進めています。