日テレNEWS
社会
2022年7月4日 21:50

命を救った「自由研究」 心肺停止の男性をAEDで救助 家族が連携し…

命を救った「自由研究」 心肺停止の男性をAEDで救助 家族が連携し…

心肺停止の男性をAED(自動体外式除細動器)で救助したとして、小学校4年生の林陽月さんとその家族に、東京消防庁から感謝状が送られました。命を救ったのは、家族で行っていた「AED」の自由研究でした。

     ◇

「感謝状、林陽月様」

林陽月さん(小4)
「ありがとうございます」

心肺停止の男性を助けて、東京消防庁から感謝状を贈られたのは、小学4年生の林さんとその家族です。

どうやって男性を助けたのか、特別に再現をしてもらいました。

   ◇

先月、林さん宅に49歳の男性がリフォーム工事で訪れたといいます。しかし、突然、男性は意識を失い、その場に倒れました。

「おじさん おじさん!」

脈がなかったという男性。父の正隆さんと母の美弘さんが心臓マッサージを続けながら、119番通報をしました。

父・林正隆さん
「AED取ってきてもらっていい」

母・美弘さん
「AED取ってくる」

美弘さんは、すぐに近くのマンションにAEDを取りに向かいました。往復200メートル以上をはだしで走ったといいます。そして、AEDで男性を救命しました。陽月さんはその間、到着した救急隊を誘導したということです。

なぜ、AEDの場所を知っていたのでしょうか。

林陽月さん(小4)
「AEDで人が助かるためには、自分がまず場所を知って、みんなが人を助けるようにならないかなと思って作りました」

AEDという心停止をした人を救命するための医療機器の設置場所を、自由研究で調べたといいます。自由研究のテーマに、AEDを選んだ理由は――

父・林正隆さん
「自分自身も心臓発作で一度倒れていて、助けてもらった経験があるので」

その経験から、家族で作ったというAEDの自由研究。一命を取り留めた男性は、会話ができるまで回復したということです。