日テレNEWS
社会
2022年2月10日 13:46

【関東大雪警戒】現在の雪の様子は(午後1時)

【関東大雪警戒】現在の雪の様子は(午後1時)
午後1時の天気分布(推計気象分布)

関東から甲信地方を中心に、広い範囲で雪や雨が降っています。朝の段階では雨だった東京23区内でも、この時間は雪交じりとなっているエリアが増えてきているとみられ、関東内陸部や甲信地方では積雪が増えてきています。

関東から甲信地方を中心に、広い範囲で雪や雨が降っています。気象庁の推計気象分布によると、朝の段階では雨だった東京23区内でも、この時間は雪交じりとなっているエリアが増えてきているようです。

また、関東内陸部や甲信地方では積雪が増えてきており、午後1時現在の積雪は、山梨県の河口湖で19センチ、甲府で6センチ、長野県の諏訪で14センチ、軽井沢で13センチ、埼玉県の秩父で5センチ、栃木県の奥日光で7センチなどとなっています(※10日朝から積もり始めた地点)。

また、午後1時現在、長野県や山梨県、静岡県の一部に大雪警報が発表されているほか、関東地方の広い範囲に大雪注意報が発表されています。

この後も雪や雨が降り続き、特に夕方からは雪が強まって、東京23区を含む、首都圏の広い範囲で雪が積もるおそれもあります。

場合によっては関東の平野部でも警報級の大雪となるおそれもあり、今後の雪の降り方に注意が必要です。