日テレNEWS
社会
2022年7月13日 12:08

鳩山町で300ミリ後半台の雨「通常では考えられないような状況」救出の妊婦は軽症

鳩山町で300ミリ後半台の雨「通常では考えられないような状況」救出の妊婦は軽症

12日夜、記録的な大雨となった埼玉県では一夜明けて、被害の状況が明らかになってきています。

埼玉県・大野知事「鳩山町で300ミリ後半台の雨が降るというですね、通常では考えられないような状況が起こった」

12日夜、埼玉県西部を中心に降った記録的な大雨では、鳩山町で1時間で110ミリの猛烈な雨が続き、3時間で263.5ミリなど観測史上1位となる記録的な大雨で川が氾濫しました。

また、隣の東松山市でも九十九川で越水が確認されたため、大雨警戒レベルで最も高い、レベル5の「緊急安全確保」の情報が出されました。

一夜明けた13日朝の鳩山町では、朝から住民が後片付けに追われていました。

鳩山町民「(これまでの)台風でも大丈夫だったんです。ギリギリまで(水が)来ることはあったんですけど、怖いです。水の恐ろしさ」

午前11時現在、この大雨により鳩山町で水没した車から12日夜に救出された妊婦一人が軽症です。その他にも、ときがわ町の5世帯で土砂崩れの被害が、越生町などでも床上浸水の被害が確認されたということです。