日テレNEWS
スポーツ
2022年5月31日 20:55

“怒とうの3連続代打も…” 阪神・矢野監督が勝負に出るも7回まで無得点

“怒とうの3連続代打も…” 阪神・矢野監督が勝負に出るも7回まで無得点
代打攻勢も得点を奪えなかった阪神・矢野監督

◇プロ野球セ・パ交流戦 阪神-西武(31日、甲子園球場)

0-1と1点を追いかける阪神は7回に代打攻勢をしかけます。

1アウトランナーなしから、7番小野寺暖選手に代打で島田海吏選手。 西武の2番手・水上由伸投手のスライダーにつまらされサードゴロで2アウト。

ここで再び矢野監督が動きます。8番坂本誠志郎選手に代打で髙山俊選手。すると初球を捉え、レフト前ヒットで出塁します。

1塁ランナーに代走で熊谷敬宥選手。9番ピッチャーの西勇輝投手に代打で今日1軍昇格のロハス・ジュニア選手で勝負にでます。

しかし2球目アウトコース高めの143キロストレートを打つもショートゴロ。代打攻勢をみせるも、得点を奪うことはできませんでした。